シェーバー「ラムダッシュ」の洗浄機が不調

充電洗浄機の不調

現在使用している3台あるシェーバー中の1台、
Panasonicのラムダッシュ(ES-LV9A)の充電洗浄機が、
正常に動作しなくなりました。

通常であれば、洗浄中は、
洗浄液を吸い上げる「ウイーン」という小さい音が連続的に鳴り続け、
シェーバーの刃が動作する「ブーン」と言う大きい音が時々なっていましたが、
その2種類の音のうち、シェーバーの「ブーン」と言う音が鳴っていないことに気付きました。

つまり、洗浄液に浸しているだけです・・・。

充電洗浄機とシェーバー本体の端子を清掃

洗浄液は1週間前に交換たばかりで、
その後2,3回しか使っていないので、まだきれいなはずなので、
あまり関係なさそう。

そんなわけで、とりあえず、
充電洗浄機と、シェーバー本体を接続する端子の部分を掃除してみる事にしました。


まずは、シェーバー側の端子。
赤で囲んだ、銀色の部分をウェットティッシュで拭いた後に、
乾いた布で拭きました。

 


次に、充電洗浄機本体。

まずは、コンセントを抜いた後に、
赤で囲んだ金色の部分を、シェーバー本体と同じように、
ウェットティッシュで拭いた後に、
乾いた布で拭きました。

清掃後

充電洗浄機の電源ケーブルをコンセントに接続した後、
充電洗浄機に、シェーバーをセット。

SELECTボタンを1回押して、洗浄を初めてみると、
今度は、シェーバーの刃が動作する「ブーン」と言う大きい音が鳴り、
正常に洗浄されているようでした。

 

 

携帯電話7台・スマートフォン1台・データ通信端末1台をリサイクルに出しました

ドコモの携帯電話3台・データ通信端末1台をリサイクルへ


自宅最寄のドコモショップへ行き、データ通信端末1台と、
携帯電話3台をリサイクルに出しました。
(左から、L-02A、N902iS、N903i、N905i)


N903iは、2007年、大学生3年生の年に購入した端末で、
おサイフケータイを本格的に使い始めたのがこの機種からでした。
ちなみに、このときに使用していた電子マネーは、nanacoとEdyの2種類でした。

1年間使用した後、N905iに機種変更しましたが、
それから何年か経った2012年に転職したときに、
この端末を転職活動専用の携帯電話として使用しました。


N905iは、2008年、大学4年生の頃から、
社会人になった後、数年間使用していました。
学生から社会人へ。人生の変わり目に使っていた思い出深い機種でした。

ドコモショップでの対応の流れ

1.受付番号をもらう
店に入った後、入り口の近くにいた店員に「古い携帯を処分したい」と告げると、
受付番号が書かれた紙を渡されたので、イスに座って待ちます。

2.カウンターに移動
番号を呼ばれたら、案内されたカウンターへ移動します。

3.リサイクルに出す端末を店員に渡す
カウンターのイスに座ったら、リサイクルに出す端末を店員に渡します。

4.SIMやメモリーカードが入っていないことを確認
店員と一緒に、端末1つずつ、SIMやメモリーカードが入っていないことを確認し、
注意事項などの説明を聞き、書類にサインをします。

5.店員が回収する携帯電話に穴を開ける
SIMやメモリーカードが入っていないことを確認し、書類にサインをしたら、
店員が、携帯電話の本体に穴を開ける機械を使って、
携帯電話1台につき3箇所ずつ穴を開けていきます。

6.携帯電話に穴が開いていることを確認
全ての携帯電話に穴が開け終わったら、
店員が携帯電話を1台ずつ見せてくれるので、
穴が開いていることを確認します。

7.書類を受け取り手続き終了
最後に、書類を受け取って終了です。


書類は2枚渡され、1枚目は注意事項やサインの欄があり、
2枚目は、上のような「回収端末一覧」という内容で、
機種名と、製造番号が記載されていました。

さらにauショップで携帯電話4台とスマートフォン1台をリサイクル

ドコモショップから帰ってきた後、今度処分する予定の、
auの古い端末の初期化を始めました。

一番時間がかかりそうだと思っていたスマートフォン「ISW11HT」
タッチパネルの故障により、タッチパネルが全く反応しない状態のため、
非公式な方法で、初期化をしたのですが、思いのほか早く終わり、
時計を見るとauショップの営業時間内だったので、
今日のうちにリサイクルに出すことにしました。

auショップにリサイクルに出したのは、次の5台。


東芝の「T004」と、ソニーエリクソンの「URBANO BARONE」


「GRATINA」2台

写真にはありませんが、HTCのスマートフォン「ISW11HT」もリサイクルに出しました。


auショップは、回収する端末1台ごとに1枚の書類が渡されるので、
5台分の書類を受け取りました。

対応の流れは、ドコモショップとほぼ同じでしたが、
違っていたのが、2点ありました。

・端末に開ける穴の数
ドコモショップは端末に3箇所ずつ穴を開けましたが、
auショップは1箇所ずつでした。

・書類にサインをする数
書類へのサインは、ドコモショップは全部まとめて1箇所なのに対して、
auショップは、回収する端末1台ごとに1箇所。
今回は、5台回収に出したので、5箇所にサインをしました。
台数が多い場合は、ドコモショップの方がサインの数が少なくて良いと思います。

ドコモショップとauショップ、両方に共通していたのが、
契約中の携帯電話の番号を聞かれなかったという点。

不要な端末をリサイクルに出してよかった点

部屋が片付いたこと
今まで使い終わった携帯電話は、特にしまっておく場所も決めておらず、
適当なところに置いていました。
さらに、本体があることで、充電器などの付属品や箱、説明書も保管していたので、
それらも処分することができるため、部屋が片付きました。

 

古いハードディスク4台をリサイクルに出してきました


今回、この4台のHDDを処分しました。

4台とも、今の時点では問題なく動作しますが、購入してから8年~13年も経過しており、
老朽化による故障が心配なので、手放すこととしました。

クイックフォーマットをしただけで処分すると、情報漏洩の心配がありますので、
WindowsのPCに接続し、「ディスク消去ユーティリティ」というソフトを使用し、
複数回にわたり、ディスク全体に無意味な情報を書き込む方法で、
ディスク上のデータを消去した後で、市の小型家電回収ボックスへ投入してきました。

今回処分したHDD

BUFFALO HD-HES500U2 (500GB)
2009年10月頃に購入。
このHDDに保存しているファイルを使うときにしか電源を入れなかったため、
稼働時間は、それほど長くありませんが、購入から8年近く経過しており、
老朽化による故障の心配があるため処分することにしました。

BUFFALO HD-P60U2/UC (60GB → 80GBに換装)
BUFFALO HD-P80U2/UC (80GB)
2003年~2004年頃に購入。
画像や動画ファイルなど、大容量のファイルを持ち運ぶ際に使用していました。

TOSHIBA MK6015MAP
中古で購入したノートPCに内蔵されていたものです。
製造時期は不明ですが、発売日を調べてみると、2000年頃のようです。

【iPhone8機種変更】ドコモから本人限定郵便物が郵便局に届いたので受け取りの申し込みをしました

9月24日(日)

郵便局に「本人限定郵便物到着のお知らせ」が到着

夕方、仕事から帰宅して、自宅の郵便受けを確認すると、
郵便局から、「本人限定郵便物到着のお知らせ」と書かれた封筒が届いていました。

開けてみると、用紙が2枚入っていて、
1枚目が、「本人限定郵便物等(特例型)到着のお知らせ」
2枚目が説明や注意事項が書かれているもの。

1枚目の用紙を軽く見てみると、
本人限定郵便物の差出人は「株式会社ドコモ CS様」となっており、
おそらく、iPhoneの機種変更時に申し込んだ、
旧機種の下取りに関するものだと思われます。

ちなみに、郵便局に本人限定郵便物が届いた日が、9月23日(土)となっているので、
iPhoneの配達と一緒に届けてくれても良かったのにと思いますが、
ゆうパックと、郵便は別なのでしょうか。

そのあと、出かける用事があったので、
とりあえず、1枚目の「本人限定郵便物等(特例型)到着のお知らせ」を軽く見て、
番号が書いてあったから、電車に乗ったら、スマホで申し込もうと思い、出かけました。

インターネットで申し込もうとしたら

そして、特急列車に乗ってから、用紙の内容をよく見てみると、
配達日と時間帯を「電話でご連絡ください」と書いてある。

電車の車内から、電話で申し込むとなると、ほかの乗客の迷惑となり、
また、住所、名前、電話番号、郵便物の番号など、個人情報を話すことになるので、
帰ってから申し込むことにしました。

9月25日(月)

配達の申し込み

「本人限定郵便物等(特例型)到着のお知らせ」に書かれていた電話番号へ電話をかけ、
担当者から聞かれた次の項目を伝えました。

  • お知らせに書かれているアルファベット
  • 保管期限
  • 書留番号
  • 住所
  • 氏名
  • 配達希望日時
  • 受け取り時に見せる本人確認資料

ちなみに、配達ではなく、
自宅の最寄りの郵便局の窓口で受け取れないか聞いて見た所、
受け取れるとのことでしたので、
配達ではなく、自宅の最寄りの郵便局で受け取ることにしました。

ドコモオンラインショップで予約・注文したiPhone8が届きました

iPhone 8到着


先日、ドコモオンラインショップで注文した、iPhone 8が届きました。


届いたドコモオンラインショップの箱には、
去年iPhone 7を購入した時と同様に、
9月22日8時以前に配達しないようにという、
運送業者向けの張り紙が貼ってありました。

ドコモオンラインショップの箱を開封


ドコモオンラインショップから届いた箱を開けると、
最初に、パンフレットなどの書類が出てきました。


書類を取り出すと、その下から、iPhone 8の箱が出てきました。


今回購入したのは、iPhone 8の256GB。色は、スペースグレイです。

iPhone 8の箱を開封


早速、iPhone 8の箱を開封します。


箱を開けて、最初に出てきたのは、説明書などが入った入れ物。


その下に、iPhone 8の本体が入っていました。


iPhone 8の裏側。


iPhoneのロゴ以外には、何も書かれておらず、非常にシンプルです。


付属のイヤホンは、ワイヤレスと見せかけて…


実はLightning方式の有線です。

iPhone 8のために購入したアクセサリー


iPhone 8のためにAmazonで購入したアクセサリーも届きました。


中身は、Spigenのケースと液晶保護ガラス。
先に、これを取り付けてから、初期設定などをすることにします。

iPhone8機種変更手続き完了・iPhone8用のアクセサリーを注文


午前10時ちょうどに、ドコモオンラインショップから、
「【NTTドコモ】予約商品入荷のご連絡」というタイトルで、
商品入荷の連絡を知らせるメールが届きました。


アクセサリーについては、別の所で購入する予定なので、
ドコモオンラインショップではオプション品は購入せずに、
iPhone8のみの購入にします。


今回は、下取りを申し込みました。
今回機種変更する回線で、最後に購入した端末は、
「iPhone6 16GB スペースグレイ」なので、これを下取りに出します。


配送希望日時の設定。
一番早い到着日が2017年9月23日(土)でした。


当日は夕方まで仕事なので、2017年9月23日(土)の18時~20時を指定。


料金プランの設定。
今までの料金プランを継続します。


補償などの設定。今回は、ドコモの「ケータイ補償サービス」ではなく、
Appleの「AppleCare+ for iPhone」の方に加入しました。


今回の機種では、「ケータイお探しサービス」の契約が必要とのことで、
とりあえず、契約しておくことにしました。


今回購入したiPhone 8 256GB スペースグレイは、
通常価格、106,920円です。


そこから、クーポンやポイントを使って、10,469円の値引き。


支払総額95,651円を24回払いで購入することにしました。


月々サポートは、合計56,808円。

24か月以内に解約や機種変更をしなかった場合、
38,843円の負担で済むというわけですね。

2年以内に解約や機種変更をすると、
その時点で割引も終わってしまうので、
負担する金額が高くなります。


最終確認の画面。契約内容に間違いがないか確認します。


そして、注文完了。時間にして、約10分程度でした。

AmazonにてiPhone8用のアクセサリーを注文


ドコモオンラインショップで、機種変更の手続きが終わったところで、
今度は、Amazonで、iPhone8用のケースと、液晶保護ガラスを購入しました。

ドコモオンラインショップでiPhone 8 予約しました

15:50頃 iPhone8の価格と分割払いの完済を確認


予約開始、約10分前。
ドコモオンラインショップで、iPhone8の価格を調べたり、
マイドコモの「ご契約内容の確認・変更」の画面から、
分割払いの支払いが終わっていることを確認しました。


残高の表示は見当たりませんでしたが、
今までの機種は24回払いで購入。
そして、購入から2年5ヶ月経過しているということで、
分割払いは終わっているハズ・・・。

16:01 予約開始


予約開始時刻になったので、ドコモオンラインショップのトップページにアクセスしたところ、
ただいまシステムが混雑しております。
しばらくたってから再度ご利用ください。
と言うメッセージが表示されたので、しばらく(3秒くらい)待ってから、再接続。


グチャグチャですが、トップページが表示されたので、
iPhone8の予約のボタンを探して、クリック。


機種は、iPhone8の256GB。
色は、スペースグレイを選択して、「予約する」ボタンをクリック。

次のページで、確か、予約内容や契約者の情報を確認して・・・


予約完了。

16:20 本体の価格を再度確認


ドコモオンラインショップの混雑が緩和されてきたのか、
トップページが原型を取り戻しつつあるので、
再度、iPhone8の販売価格を確認しました。


今回予約したのは、iPhone8の256GB スペースグレイ。
月々の支払額が4,455円の24回払い。
毎月の支払額から2,367円の割引が24回。
実質2,088円の24回払いと言うことになります。

iPhone 8 ・ 8 Plus予約開始当日にドコモからクーポンが届く

iPhone 8 ・ 8 Plusの予約開始日

本日(2017/9/15 16:01)から、iPhone 8と8 Plus、Apple Watch Series 3の予約が始まります。
その日の朝、郵便受けを見てみると、ドコモから同じ郵便が2通届いていました。

開けてみると、割引の案内や、新規加入した場合に5,400円安くなるクーポンが入っていました。

新規の割引クーポンではなく、機種変更の割引クーポンだったら使ったかもしれないのに、
なぜ、新規ばっかり優遇して、機種変更は何も無いのか不思議です。

グラフィック関係が不安定な実家のPCの修理が終わったのでWindows10 Creators Updateを実施

Windows10 Creators Update開始

グラフィック関係が不安定だった実家のデスクトップPCのパーツ交換が終わったので、
前回、3回実施して、3回とも失敗したWindows10 Creators Updateを実施しました。

Creators Updateは既に配信されているので、
インストールの手順は、「スタート」→「電源」→「更新して再起動」の順で進むだけです。

あとは、勝手に更新が始まるので、しばらく待つだけ。

Windows10 Creators Updateインストールと初期設定

「更新して再起動」をクリックしたあと、1時間くらい待った所で、
「Windows10へようこそ!」というタイトルで、ログインするアカウントを選ぶ画面が出ました。

その後は、以前、自宅のPCにCreators Updateをインストールしたときと同じ手順で、
初期設定を進めていきました。

Windows10 Creators Update成功


初期設定が終わった後、しばらく待っていると、Windows10のデスクトップ画面が表示され、
「Windows10 Creators Updateへようこそ」の画面が表示され、
インストールが成功しました。

インストールされているWindows10のバージョンを確認

Windows10の画面で、「スタートボタン」→「歯車のマーク(設定)」と進み、
設定の画面が表示されたら、「システム」→「バージョン情報」と進みます。
すると、上の画像のような画面が表示され、
インストールされているWindows10のバージョンが確認できます。

確認した結果、バージョンが「1703」となっており、
Creators Updateがインストールされていることが確認できました。

グラフィック関係が不安定な実家のPCを修理してみたら予想以上に大変だった

廃棄予定のPCから取り外したパーツを実家へ持ち運び


先日、廃棄予定のPCから取り外したグラフィックボードとメモリーを紙袋に入れて、電車で実家に運びました。

実家に到着後 修理開始


実家に到着後、落ち着いた所で、作業を開始します。
まずは、配線をすべて取り外して準備をします。

続きを読む グラフィック関係が不安定な実家のPCを修理してみたら予想以上に大変だった